どんどん進化している!ムダ毛は医療レーザー脱毛で処理しよう

痛みが少ない脱毛マシンが次々登場

医療レーザー脱毛、気になるけれど施術中の痛みが強いと聞いたことがあり、なかなか一歩踏み出せないという人も多いのではないでしょうか。医療レーザー脱毛はレーザーの熱エネルギーで毛根を破壊し、ムダ毛を処理するのでレーザーを肌に当てた時に痛みを伴うものでした。ですが、どんどん新しい機能を持つ脱毛マシンが登場しており、以前と比較するとかなり施術中の痛みは軽減されています。例えばレーザーが出るハンドピース部分に冷却機能がついており、肌を冷やしつつレーザーを照射するので痛みが抑えられている脱毛マシンや、皮膚を吸引し毛根部分にピンポイントでレーザーを当てることで痛みを少なくしているといった脱毛マシンなどです。痛みが不安で医療レーザー脱毛をためらっている方も、このような機能を持つ脱毛マシンなら安心して施術を受けられるでしょう。

剛毛から産毛まで処理できる脱毛マシンも!

近年、新しい脱毛マシンが誕生したことで1台で剛毛から産毛まで脱毛できるようになりました。古いタイプの脱毛マシンは同じ波長のレーザーしか出すことができず、そのレーザーの波長に合った毛しか処理できなかったのですが最新の脱毛マシンは3つの波長のレーザーを同時に照射でき、太さが異なる毛に対応可能です。以前、医療レーザー脱毛は日焼けしている肌だと施術できないというのが定説でしたが、最近は日焼けしている肌でも施術可能という脱毛マシンも登場しています。毛質・肌質を問わず医療レーザー脱毛を受けられる時代となっているのです。ただし、新しい脱毛マシンはまだ導入しているクリニックが限られているので、その点は注意しましょう。

医療脱毛を銀座で始める際は、レーザーやニードルによる脱毛を得意とするクリニックでカウンセリングを受ける必要があります。